私の二重まぶたへの道程

日本人には一重まぶたが多く、昔は「卵に目鼻」という切れ長の目が美人の象徴とされていました。
私も母譲りの根っからの一重まぶたでしたが、時折、睡眠時間や疲労度合等で二重になることがありました。

中学生になったある時、たまたま鏡を見ていて、同じ一重まぶたでも、朝と夜で目の印象が違って見えたのです。
朝はむくんでいるのか凄く細い目にしか見えなかったのですが、夜になるときつい印象がやや抜けている事に気が付いたのです。

そこで二重のりを購入し、自分で二重瞼を作り始めました。
周りの意見を聞くと、半数以上が「本物の二重になったよ」との体験談。

それを信じて私も毎日欠かさず朝晩二重を作り続けました。
1ヶ月、1年、5年・・・・気が付いたら約15年間も二重の癖はついていないままでした。

それどころか、20代半ばからはデカ目カラコンを愛用し始め、きょうだいからも「すっぴんとメイク後が整形並みに違い過ぎる・・・」と言われる羽目に。
それはさすがに自覚があったため、何とかしなければと思うようになりました。

カラコンを使い始めて少しした頃でしょうか?
20代後半に入ってすぐに離婚を経験しました。

「すっぴんとメイク後が整形並みに違い過ぎる・・・」この自覚があったこともあり、男性と出会うのが怖い時期がありました。
離婚後に初めて交際した男性もバツイチでした。私への気遣いなのか、本音なのかはわかりませんが、私のメイク前後のギャップはまだ良い方で、前妻さんはギャルと骸骨レベルだったのだとか。

その彼とは1年程で別れ、恋愛が面倒だと感じていた当時の私は、自分の可能な範囲で自己満のオシャレをすることに。
男性受けを狙ったのではなく単純に年齢であきらめたくない思いと、可愛い格好やオシャレなファッションがしたいという理由で服を見直しました。
勿論、格安のものや中古品で必死に見立てて購入。確かに私らしい、私好みの私が出来上がりました。

でも、「すっぴんとメイク後が整形並みに違い過ぎる・・・」これだけは拭えないまま。
そんな時、広告のバナーに美容整形外科の「二重」の文字が。即クリックしました。

朝、二重ラインを作る時間も省けるし、すっぴんでも人目を気にしなくて済むというメリットは分かっていましたが、どうしても踏ん切りがつかず、彼方此方のサイトで体験者の口コミをみました。

すると・・・
1年程度で取れてしまった、或いは違和感が激しく、眼科に行ったら内側に糸が出てきて瞬きによる摩擦のため、眼球が傷ついている人など、ネット上にはトラブルの書き込みだらけでした。

さんざん悩んだ挙句、数少ない成功例を信じ、病院を決め、カウンセリングへ。
カウンセリングはそのままオペにも入れるよう、大幅に時間を取っていました。
話しを聞いてやめてもいいし、当日そのまま二重手術を受けても構わないとの事。
勿論カウンセリングは無料でしたし、オペをしなくてもキャンセル料などもかかりません。

私の場合は現状打破の思いが強くドクターの話を聞いて納得が出来たのでそのままオペをお願いしました。

私がお願いしたのは挙筋法という、瞼の中に糸を通し、中で固定するというもの。
現在オペ後、約半年ですが、何事もなく、定着してますし、もっと早くに行動していればよかったと思いました。

生身の体なので確かに完璧を求める人には確かにおススメできませんが、やや左右非対称な部分が寧ろ元々の二重であるかのように自然です。

気持ちが前向きになり、メイク時間もかなり短縮できましたし、何より、ナチュラルメイクに切り替えられたことが一番うれしいことでした。
今では新しい彼にすっぴんを見せても平気になりました。

二重まぶたに憧れてプチ整形してみた結果

小さい頃から目が無いと言われ続け、私の目は空いているのか閉じているのかの判断もしにくいほどの一重でした。

でも明るい性格のおかげでその一重をネタにいつも笑いを取っていたのですが、思春期になるとそうもいかなくなりました。

中学生になり高校生になりやっぱり可愛い目が大きい子が輝いて見えました。

自分とは違った世界で生きているような綺麗な目をしていたのです。

目が大きい子はみんなくっきりとした二重まぶたで、まつげがクルっとカールしていて化粧ばっちりの女の子達でした。

自分の顔を鏡で見るたびにため息をつくようになり、明るい性格もいつしか暗くなり普通のパッとしない女の子になっていたのです。

そんな私を見ていた母親からプチ整形という手術があるよという話を持ち掛けられました。母親も目は小さい方で、昔からコンプレックスを抱いていたそうなのですがその時代にプチ整形なんていう発想はなく随分苦労をしてきたそうです。

自分と一緒の悩みを抱えている娘に少しでも協力できるならと勧めてきたのです。ただし、元の顔には戻れないしどんな目になるのかという保証もないから何とも言えないけどもあなた次第だよ。と言われました。

こんな暗い世界は嫌だと思い、高校生から大学生になるタイミングでプチ整形を実行したのです。

目は二重になり私の思い描いていた化粧も出来るようになりました。

しかし、昔の私を知っている友達に会うと整形したことがばれてしまい、地元中に広がってしまったのです。

地方の大学へ進学だったのでこれを機に引っ越しをして一人暮らしを始め新たな生活を送っています。

昔の一重の時の目には戻れませんが、今はこの二重の自分の顔に満足しています。

性格も明るくなって母親もそんな私を見ていてとても嬉しそうでした。

顔は少し変わっても私は私のままという思いで今は女の子として生まれて化粧にオシャレに大学ライフを楽しんでいます。

プチ整形したことは母親以外には知られたくないので誰にも話していません。

一重で苦しんでいた私が二重に整形して幸せになれました。

私は生まれつきすごく腫れぼったい一重でした。
幼少期の時の写真を見返すととても目つきが悪くハッキリと言えば不細工な容姿でした。
小学生くらいからまわりは可愛い子はチヤホヤとされて不細工な子はいじめられたりからかわれたりするようになっていき、私もからかわれて不細工呼ばわりされました。
自分が不細工なのはこの小さい目なのだと思い悩みましたが小学生で化粧をする発想もなくただ自分の醜い容姿を受け入れる事なく自己否定の気持ちを抱きながら小学生時代を過ごしました。
中学生になり、ませている子は化粧をしていたりして段々と眉毛を整えたり髪型にこだわったりする子が必然と増えて私も化粧をしたいと意識するようになりました。
アイプチで二重にできると知った時は反射的に二重にしようと決めてすぐにアイプチを購入して二重メイクをするようになり、最初はうまく二重にできませんでしたがどんどんとテクニックが身につき奥二重のような二重の自分になれて一重の時と違って目は大きくなり容姿はかなり変える事ができました。
どんどんと自分に自信がつき目が二重だと必然的に可愛くなれるとわかり二重メイクに夢中になりました。
そして一重の姿は人に見せれずに常にアイプチをべっとりしていました。
そして永久に二重になりたいという願望がわいてきて整形願望がでてきました。
ですが当時はまだ15歳で親の了承がなければ整形はできずに当然ながら親に相談もできずに20歳までは我慢してもお金をちゃんと貯めてすぐに整形しようと心に決めました。
それまでの数年は長い道のりでしたが整形の事を沢山調べて手術はこわそうでしたが二重になる為には痛さも乗り越えれると思っていました。
いざ20歳になってクリニックの門を叩き埋没法の三点留めで両目二重を希望して手術を受けました。
私は瞼が分厚いので欲張らずに二重の幅は狭めにしました。
いざ手術をすると麻酔を瞼の裏に打たれましたが思っていたよりも痛くなく麻酔がすぐに効いて感覚が全くないので術中は何も感じませんでしたし無事に整形手術を終えた後は麻酔の効果がきれても痛みは特にありませんでした。
1週間で腫れはひき1ヶ月もしたら不自然さもなくなり現在は整形から3年経ちますが継続して二重のままで自分の目に自信が持てる日々でストレスなくメイクも楽しいし整形して本当によかったと思っています。

二重まぶたに整形するメリットとデメリット

私は一重まぶただったのでどうにか自力で二重になりたくてアイプチを使用したりアイテープを使用したり、アイクリームでマッサージをしてみても効果はなくて結局二重まぶたに整形しました。

私自身が感じた整形のメリットとデメリットを紹介します。

まず、整形することによって綺麗になります。

ほとんどの方がそれを目的にするのでしょうが、一重より二重の方が目が大きく見えるのでかわいらしく見えたり美人に見えたりします。

一重の時よりも男性にモテるようになりますし、化粧とファッションをより楽しむことができるようになります。

次に、自信がつきます。男性からモテるようになるので自信がつきます。自信がつくと何事にも強気で挑めるようになるので、性格も少し変わったように思います。

いつも顔を伏せて歩いていた私が、当然のように前を見て歩けるようになりました。

そして、美人の友人が増えます。何故なのかわかりませんが、美人の友人ができやすくなります。

美人は素敵な男性を知っていたり、良い美容院を知っていたりするので紹介してもらえます。

デメリットはバレる可能性があるということです。とても自然な二重をつくってもらわない限り、詳しい人間は詳しいので見ただけでわかってしまうことがあります。

実際に私が道を歩いていても、あの人は整形したかな?という予想ぐらいはできます。

また、恋人ができても二重整形に理解がなければ過去の写真を見せることができませんし、昔からの友人達に会わせるのが危険となるかもしれません。

ですが、バレるといってもあくまで予想でしかなく、実際は生まれつきの二重であったという可能性もあるので素人に正確な判断などできません。

それに現在は二重整形をする人間も増えているのでそこまで不自然なことではありません。

恋人も二重整形に理解のある人間と交際すれば良いだけです。

二重整形でも良いという男性はいますし、そういった心の広い人と付き合う方が幸せに過ごせます。確かにデメリットもありますが、一重の時より確実に得をしているので二重整形はおすすめです。

アイプチやアイテープより…

皆さんパッチリ二重にって憧れですよね。も大きく見えますし、目が大きい子はみんな可愛く見えますよね。

最近ではテレビを見ても皆さん二重ですよね。男性ですらほとんどの方が二重です。でも、日本人は元は一重が多いですよね。

なので二重が主流の今では一重やパッチリした目じゃないと自分に劣等感をもってしまう方が多くいらっしゃるかと思います。

そこで、まずは自分でどうにか二重にしようと試みると思います。

アイプチや最近ですとアイテープなどがありますが、のり状の物を瞼に塗り、さすまたみたいなスティックで自分の好きな幅の二重にします。

のりタイプだと、見た目後がどうしても汚くなってしまいますよね。

アイプチの上からアイメイクもしにくいですし、アイテープも自分の望んでいる幅の二重にするのってなかなか難しいと思います。

やはり、出かけたりしても、目元が気になってしまってこまめに目元を触っている方が多いと思います。

周りにオープンにアイプチなんだぁ。と公表している人はいいかもしれませんが、大体の人はコンプレックスだからアイプチをしているなんてそんな事言えないですよね。

ばれないように一生懸命試行錯誤しています。

でも、これから先の人生を考えた時に二重の整形とずっとアイプチをして生活をしていくのではどちらの方がストレスなく過ごしていけるでしょうか。

何年もアイプチを繰り返し瞼が荒れてしまったり、瞼が伸びきってしまったり、折角整形を決意しても瞼の状態が悪く、プラス料金がかかったら嫌ですよね。

最近では料金もお手頃になってきていると思います。雑誌のなどの裏にたくさん広告が載ってますよね。

女性の先生がいるところや、家から近いところなど、最近では整形にも寛容になってきていると思うので、整形をしようと迷っている方がいたら早めにやる事をお勧めします。

アイライナーで二重まぶたに見えるように頑張る日々

素顔が、地味顔というレベルでは、
すまないほど、存在感のない、奥ゆかしい一重まぶたな私。
女子大生な姪に言わせると、
メイク前とメイク後は、詐欺レベルだそうです。

それも、女、だから、女なのですが、
問題は、私が敏感肌という事。

中々、肌に合うものに遭遇できません。
しかし、ダメとわかっていても、
チャレンジしてみたくなるのが、
女の、いえ人間の本能ですから
レビューや、直接店舗に行き

百貨店の化粧品、数店舗で買いました。
やはり、高価格帯のメイクアイテムは、
発色がいい、心が躍ります。

ドラックストアで、ネット人気投票ランキング1位の
アイライナーは、くっきり。
ちびっ子のような目を存在感のあるものにしてくれる。
いかにも、メイクしてますっって感じにしてくれる。
素晴らしいと思います。

が、、体調の悪い時、疲れた時の私が
使うと、腫れぼったい、腫れぼったい。
視界が狭くなるほど、、、
ただ、体調がいい時は、問題ないので、
買ったことは、後悔していません。

今は、メインは、自然派の会社のメイク道具を使っていますが、
これが、正直、薄い。取れやすい。色数が少ない。
なので、筆タイプのアイライナーを
これでもか、これでもかと使用して、
ようやく、存在価値を示せています。

でも、、肌にやさしい、負担がかからない軽さは
魅力的なので、かなりジレンマです。

いっそ、二重にしたいと思って
二重にするアイテムなど、買ってみましたが、
失敗記録更新中です。

やはり、二重にするならば
二重整形しかないのかな、、転職する時なら
問題ないか、、と考えてしまう今日この頃です。

自己流二重作成からの卒業

私は小学校の時から、腫れぼったい一重瞼が悩みでした。

小さなことは気にしていなかったのですが、おしゃれに興味が出てくる小学校の高学年くらいになると、「アイプチ」を試してみたり、セロファンテープを三日月型に切って瞼の上に貼って二重を作ったり、お金がないながらも自己流で二重を作ろうと、色々なことを試してみました。

高校生になった頃には、勉強中や暇な時に、常に芯を出していないシャープペンで二重になりたい部分に線をなぞることで、二重瞼の癖をつけるのが習慣になっていました。

結局10年近く自己流で二重を作ろうとしたのですが、アイプチなどを取ってしまうと、また腫れぼったい一重瞼のままで、最後まで二重瞼になることはありませんでした。

大学に入った時に、友達に「二重瞼になりたくて、色々と目をいじったこと、あるんじゃない?」と聞かれました。その友達によると、「私の右目の瞼の皮が、左目に比べて伸びていて、右目の方が腫れぼったい一重瞼にますますなっている」、というのです。右利きの私は、子どものことからついつい利き手側の右目の瞼ばかりをいじっていたため、皮がのびてしまったのではないかということでした。

実はその友達も、腫れぼったい一重瞼だったのですが、大学進学をきっかけに、バイト代を貯めて二重にする美容整形を受けたとのことでした。「自分に自信も持てるし、お化粧も楽しくなるし、毎日二重瞼を作る必要もなくなるから世界が変わるよ」と言われ、私も二重の美容整形にチャレンジすることにしました。

手術自体、短時間で済み、お友達も成功していることから、恐怖心もありませんでした。瞼の腫れがひいてからは、念願のくっきりとした二重瞼になり、長年のコンプレックスを解消することが出来ました。

恋愛もこれから始まる就職活動も、外見の第一印象は大事だと思いますし、思い切って自己流二重作成から卒業して、本当に良かったと思っています。

意外としているアイプチ

私も両親、兄弟もみな二重まぶたです。しかも、奥目なので大きな二重でくっきりというのではありません。

年齢を重ねるにつれて三重、四重と線が出てきました。気が付いた時には二重でしたので何も思わず育ったのですが、みなさん目にはコンプレックスがあるようで一重の人にはうらやましがられました。

主人は奥二重なのですが、子供2人はくっきり二重です。遺伝的にも二重の方が強いのだと聞きました。
子供が大きくなり、幼稚園に通うようになるとたくさんのママ友達といろいろな話をするようになります。

深い話をする人も出てきて、実はアイプチをしていると告白されました。

私は全く気にしていなかったのですが、そういえばその人の子供は一重。その人はアイプチをしてつけまつげもしているようでしたが、最近面倒になってきてつけまつげは止めたと言っていました。
アイプチをするのも面倒で、一時期埋没法のプチ整形をしようと考えていたそうです。でも、子供が大きくなって二重に整形したいと言われたときに自分もしたから反対できないと考えアイプチを続けているようです。

テレビでアイプチの仕方を見たのですが、目をつむった時に白い線が分かるものもありました。もう一人別のママ友で目をつむった時白い線がくっきりと出ていたのでこの人もアイプチなんだと気づきました。

私もマスカラやアイラインで目をはっきり見せてはいますが、その心理と同じようにみなさん二重への執着があるのかもしれません。

二重整形怖くなかった、と言ったら嘘になりますけど

小学校の頃は気にも留めなかった一重まぶたですが、中学校の頃からやはり段々気になってきました。
朝一番によく言われたのが、眠そうだね、と言うひと言で結構気になり始めました。確かに自分で見ても、はれぼったくて人相があまり良くないような気がしてました。
親や祖父母に言わせると、切れ長な目なんだそうですが、やはりパッチリした二重に憧れていたのは事実です。

でも子供次代では何も出来ず、大学に入った辺りでこっそりと二重になるための手段を調べ始めました、アルバイトしてお金も出来るだけ貯めました。
簡単にまぶたにテープを貼って、と言うのも試しましたが、中々上手くいかなくて朝から苛々したりもしました、これは本格的に何とかした方が自分の精神上もいいだろうと、二重まぶたにする方法をいろいろ探しているうちに思い切ってまぶたの手術をしようと決意して二重整形外科を探すことにしました。

2箇所候補を絞って、両方とも話を聞いてもらいに行ったのですが、1つのクリニックの先生が親身に話を聞いてくれたので、そこでお願いすることに。

やはり何と言っても手術でしたので、怖くなかったといったら嘘になりますし、手術後に腫れてしまったまぶたを見た時には「このままだったらどうしよう」とも思いました。
正直、手術代で貯金も吹っ飛びましたし。
ただやはり、朝鏡を見たときに、パッチリとなった目と出会うと。あの時思い切ってよかったなあと、今でもしみじみ思うのです。

やっぱり憧れる二重まぶた

自分は、男ですが、生まれつき、二重まぶたで、めぐまれていました。今でも、目が綺麗ってたまに言われることがあります。二重まぶたで良かったなと思っています。

最近、彼女が出来たのですが、彼女も二重まぶたです。でも、彼女の姉は、もともと、一重まぶただったといいます。

二重製形をしたのだそうです。彼女の姉と、はじめて会ったときは、普通に感じ、何も違和感はありませんでした。

その後、あるとき、彼女の口から、二重整形をしたのだと聞きました。自分は、整形に否定的ではありません。

特に、二重整形は、少しの勇気、少しの行動で出来て、お手頃かもって思います。

今後、自分に自信が持てて、楽しく生きることが出来るのなら、むしろ、するべきだと思っています。

整形しないで、ずっと自分の目が嫌いなまま過ごすのは、もったいないと思います。

アイプチという、二重まぶたにする、ボンドみたいなのが、あるというのは、知っています。

たまに、やってる感じの人を見ることがありますが、違和感を感じました。

化粧の一部として、一重を二重にするくらいなら、整形で、ずっと二重のままでいるほうが、いいんじゃないかなって感じます。

二重に憧れている人は、少しの勇気を出して、二重整形をやってみれば良いのではないでしょうか。人生明るくなるかも分かりませんよ。